園日記

🚌2024年1月度遠足🚌 ~いちご狩り🍓~

今年も遠足が始まった

いちごの赤に負けじと 子ども達のお口も頬もまっかっか

口いっぱいにほお張る子どもたち

体力尽きるまで遊んだら バスの中ではぐっすり

食べて 登って 走って 転んで

子どもらしい一日が過ぎていった

次回はぞう組にとって締めくくりのお別れ遠足

乞うご期待!

🎊祝11歳🎊

2012年12月12日に開園して、本日で12年目を迎える事が出来ました。

思い返すとあっという間、紆余曲折ありましたが、

子ども達、保護者の皆様に支えられながら園は成長させてもらっています。

これからも地域の駆け込み寺として、そして子どもたち・保護者さん・保育者みんなの育ち合いの場として

当保育園らしさを大切に自然体で精進して参ります。

少々癖のある保育園ですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

🚌2023年12月度遠足🚌 ~みかん狩り~

師走の小春日和 天候に恵まれた

みかん畑は絶好の遊び場

わらの匂いにみかんの香り

思う存分駆け巡り 日頃の鬱憤を晴らしているよう

生き生きとした表情に 本来の子どもの姿をみた

改めて 子どもは風の子 太陽を浴びて成長する生きものだと

自然や外遊びからの学びに優るものはない

🚌2023年11月度遠足🚌 ~保土ヶ谷公園~

11月の小春日和

しっかり己の足で歩き 飯をたいらげ 大冒険を終えた

逞しい姿を見せてもらった

 

信じて待つ それが子育て

きれいごとではない 大人の忍耐が試される

 

👻2023年度お泊り保育👻

緊張とわくわくのお泊り保育

我が園の看板イベント

 

みんなで準備し、寝食を共にする

絆も深まる

朝の目覚めは出汁の香り

 

お泊り保育 本当に大きくなる

一皮むける 逞しくなる

楽しさは最後の写真が物語っている

 

 

保育園は「育ち合いの場所」 これは揺るがない

子どもを中心に、保育者も保護者も成長する させてもらう

日本では、本来、子どもは「神の子」と呼ばれている

 

子育ては「己の成長、己の修行」

「己の成長の機会を与えてくれる それが子どもたちからの最高のプレゼント」

そう思えるかどうかで向き合い方は大分変わる・・・

 

毎年心地よい疲れだ